ローマ・オペラ・チケット




    魔笛、W.A.モーツァルト

    魔笛、W.A.モーツァルト

    ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの最後のオペラ「魔笛」が、フリーメーソンの考え方と関係があるという記述をよく目にします。フリーメーソンが疑いをもたれていた時代に書かれたこの作品は、モーツァルトのオペラの中の最高傑作と言えましょう。その中心となるテーマは、善が悪に打ち勝つ力というよりも、証拠もなく何かを決めてかかる態度には常に注意をした方がいいということのように思われます。

    一見したところ、ストーリーは、王子様が災難に遭っている女の子を助けるという、よくあるおとぎ話。けれども「魔笛」のストーリーの素晴らしいところは、昔からある物語とはちょっと違っています。初めの場面では、王子のタミーノが、凶暴な蛇から逃れようと、助けを求めています。夜の女王は彼を助け、そしてもし彼が、悪魔の神官ザラストロから娘のパミーラを救ってくれたら、彼女を嫁にやってもいいと言います。

    鳥刺しのパパゲーノに付き添われ、魔笛の力に助けられて、タミーノは危険をくぐり抜けてザラストロの神殿にもぐりこみます。そこでは、パミーナが、神殿の全てをとりしきるモノスタトスに苦しめられています。ザラストロはモノスタトスにパミーナを一人にしておくよう命じ、そこから聴衆も、登場人物も、この神官を違った目で見るようになります。

    タミーノがいろいろな試練を突破し、王子の名にふさわしいことを証明できたら、パミーナと結婚してもいいと、ザラストロも言います。パミーナは、母親から短剣を渡され、神官を殺さなければならないという、さらに難しい試練に立ち向かっています。一方パパゲーノは、彼が出会った老女が、実は美しいパパゲーナであり、彼が愛を得ることのできる唯一のチャンスだと信じなければなりません。

    この作品は、1791年 9月30日に、かなり以前になくなってしまったヴィーデン劇場で初演されました。モーツァルトが、これをどれほど楽しんだかは想像に難くありません。台本作家で興行主のエマヌエル・シカネーダーがパパゲーノを演じ、モーツァルトはオーケストラを指揮しました。歌と会話の掛け合いで、あらゆる人々を魅了し、クラシック音楽の最高傑作のひとつだと言う人もいるほどです。

    今シーズン、コスタンツィ劇場の「魔笛」にいらっしゃれば、夜の女王の有名なアリア「Der Hölle Rache 復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」など、モーツァルトのベストをお聞きになれることでしょう。モーツァルトは遊び心いっぱい、しかも挑発的に、この素晴らしい音楽を楽しみながら作り出したのでした。




    image ローマオペラ座 / Silvia Lelli / Teatro dell'Opera di Roma