ローマ・オペラ・チケット

サン・パオロ・デントロ・レ・ムーラ教会


VIP, € 51
A, € 34
B, € 23



椿姫, Opera e Lirica

椿姫, Opera e Lirica

ジュゼッペ・ヴェルディの「椿姫 La Traviata」は、アルフレード・ジェルモンと、19世紀ヨーロッパの疫病結核に苦しむ、パリの高級娼婦ヴィオレッタ・ヴァレリーの悲恋物語である。一族の名誉に傷がつくのを怖れたアルフレードの父ジョルジョは、ヴィオレッタに息子との関係を絶つよう強いる。

父のしたことを知らないアルフレードは取り乱し、ヴィオレッタに激怒する。父は罪悪感を感じて自分の欺きを告白する。アルフレードとヴィオレッタは、彼女の死の直前に仲直りし、束の間の幸福を味わう。

「椿姫」は1853年にヴェネツィアのフェニーチェ大劇場で初演された。ロッシーニ、ドニゼッティといった作曲家によって確立された、形式を厳格に守るオペラのスタイルから、音楽とストーリーが一体となってドラマを織りなす、流動的なアプローチへの転換期の作品として、オペラ史上非常に重要である。美しいメロディーの創作へのヴェルディの情熱と技能が典型的に表れた、ロマン主義時代の力作であり、世界中で愛されているアリア「花から花へSempre libera」、乾杯の歌としてよく知られているデュエット「楽しい杯で酒を飲み干そう Libiamo ne’ lieti calici」が有名である。ヴェルディの時代を超えた魅力は尽きることなく、死後1世紀たった今でも、他の作曲家のオペラよりも、彼の作品は上演されることが多い。

このヴェルディの作品が公演されるのは、サン・パオロ・デントロ・レ・ムーラ教会。この教会は、クォリティーの高いクラシックコンサートで知られており、ローマで最も音響がいい場所の一つであることを誇っている。また、イタリアでオペラを楽しむのに、最もアットホームな雰囲気のあるスペースのひとつでもある。




image St Paul’s Within the Walls Church in Rome / Opera e Lirica