ローマ・オペラ・チケット

ローマオペラ座


お取り扱い無



トスカ、ジャコモ・プッチーニ

トスカ、ジャコモ・プッチーニ

ジャコモ・プッチーニによる「トスカ」は、1900年1月14日初演された。今回は、その初演時と同じコスタンツィ劇場、ローマオペラ座において、しかも初演に準じた演出で「トスカ」をお楽しみいただきたい。

このオペラは、ジュゼッペ・ジャコーザとルイジ・イッリカが、ヴィクトリアン・サルドゥーの戯曲「La Tosca」を基に台本を書いた3幕ものであり、「蝶々夫人」「ラ・ボエーム」と並んでプッチーニの最も有名なオペラの一つとなっている。また、他のプッチーニの作品には見られないような強いドラマ性が見られるという点で、イタリアのヴェリズモ・オペラの代表的作品でもある。

音楽的には、作品全体を通してアリア、レチタティーヴォ、コーラス、そして他の形式の音楽が織りなす連続性を有するプッチーニのスタイルが維持されている。

「トスカ」では、マリオ・カヴァラドッシが歌うロマンス「Recondita armonia 妙なる調和」、第1幕の最後の場の強烈な「Te Deum テ・デウム」、トスカのアリア「Vissi d'arte 歌に生き愛に生き」、マリオの有名なアリア「E lucevan le stele 星はきらめき」など、オペラのレパートリーの中で最も愛されているアリアが聞かれる。

愛、情熱、欲望、ドラマ、策謀、嫉妬、欺瞞、横暴、死などが織りなすこの情感豊かなオペラには、イタリア政治・宗教史上の困難に打ち勝とうという、プッチーニの強い意志が見られる。

舞台は1800年6月、マレンゴ(イタリア)の戦いでナポレオンにオーストリア軍が敗れた後のローマ。有名な歌手のフローリア・トスカ、逃亡者を助けた、トスカの愛する画家のマリオ・カヴァラドッシ、そしてローマ警視総監スカルピア男爵の3人をめぐるドラマである。

イタリアの偉大な作曲家ジャコモ・プッチーニによる強烈なドラマが、感情に訴えてくる。




image Silvia Lelli / Teatro dell’Opera di Roma