ローマ・オペラ・チケット

オニサンティ教会


I, € 46
II, € 34



椿姫, Accademia d’Opera Italiana

椿姫, Accademia d’Opera Italiana

「椿姫」はアレクサンドル・デュマ・フィスの小説「La dama aux Camelias(椿姫)」を基に、フランチェスコ・マリア・ピアーヴェが台本を書いたジュゼッペ・ヴェルディの3幕のオペラ。1853年ヴェネツィアのフェニーチェ劇場で初演されたが、意外なほど不成功であった。現在では世界中で最もよく上演されるオペラのひとつである。

このオペラでは、ヴェルディの最も知られたメロディーのいくつかが聞かれる。主人公の役が、オペラ史のヒロインの象徴的存在の一つであることがよく表れている。

「椿姫」は、ヴィオレッタの悲しいラブストーリー。ヴィオレッタは欲望を擬人化した女性であり、社会的因習の犠牲者となる。演出は素晴らしく、また同様にみごとな舞台として、ポポロ広場とスペイン広場の間に位置するネオゴシックのオニサンティ教会が選ばれている。

主な登場人物と出演者:

  • ヴィオレッタ・ヴァレリー: M. ディ・マルコ
  • アルフレード・ジェルモン: S. フェーリ
  • ジョルジョ・ジェルモン: C. フランチョージ
  • フローラ・ベルヴォア: D. チャヴォーニ
  • ガストーネ: P. パオルッチ
  • ドゥフォール男爵: S. ソカリ
  • ドビニー公爵: F.ネストンニ
  • アンニーナ: C.リッチ
  • ヴィオレッタの召使ジュゼッペ: G. フリゲット
  • 用足しの者: A. アッテリタノ
  • グランヴィル医師: A. キメンティ