ローマ・オペラ・チケット




    ジュリアス・シーザー、G.バッティステッリ

    ジュリアス・シーザー、G.バッティステッリ

    ジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)の人生とその生きた時代は、ローマ帝国の発展にとって極めて重要な意味を持っていました。シーザーは、有能でありながら、腐敗した政治の世界に人間関係を持ち込みすぎ、ものの見方が偏った人物でしたが、悲劇的な死から何世紀も経った今でも人々を魅了し続けています。今シーズン、ローマ歌劇場では、このローマ史上最も有名な人物を舞台に蘇らせます。権力を誇った皇帝の伝記を現代のオペラで印象的に再現したジョルジョ・バッティステッリの「ジュリアス・シーザー」は、歴史やクラシック音楽を愛する人々にとって必見です。

    ジョルジョ・バッティステッリは、コスタンツィ劇場の依頼を受け、この劇場での公演を特に念頭に置いてオペラ「ジュリアス・シーザー」を作曲しました。シーザーとローマとの間にはもともとつながりがあり、この公演がどれほど特別なものになるかは想像に難くありません。台本は、ウィリアム・シェイクスピアの悲劇から直接ヒントを得たイアン・バートンが書きました。演出は、ロバート・カーセンによるオリジナルで、シーザーという歴史上の重要人物にオマージュを捧げると同時に、文学界の巨匠シェイクスピアを意識した現代のクラシック作品となっています。シーザーの生涯をテーマにした唯一有名なオペラは、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが書いたエジプトでの逃避行をテーマにしたものですが、それに対してバッティステッリは、権力をふるったローマを舞台に、シーザーの政治的、軍事的、個人的な戦いを詳細に描いています。

    「ジュリアス・シーザー」を生み出したバッティステッリ、バートン、カーセンのトリオは、歴史に残る現代オペラをこれまでにも作り出してきました。「リチャード3世」や「CO2」をオペラ化しましたが、どちらの作品も批評家からの評価は高く、興行的にも大成功を収めました。今回お届けするこの「ジュリアス・シーザー」もまた、このトリオの代表作となることは間違いありません。永遠の都に生きた最も優れた人物を、まさにその場所で讃えるこの作品をどうぞお楽しみください。




    image ローマオペラ座 / Silvia Lelli / Teatro dell'Opera di Roma