ローマ・オペラ・チケット

カラカラ浴場


Poltronissima, € 172
Settore A, € 129
Settore B, € 93
Settore C, € 57



デイヴィッド・ギャレット ― Alive

デイヴィッド・ギャレット ― Alive

新古典派と現代音楽のクロスオーバーの悪童という魅力的なイメージを確立している、ドイツ生まれのヴァイオリンの名手デイヴィッド・ギャレット。彼の待望のツア-「Alive」がローマのカラカラ浴場で開催されます。この会場は、彼の楽器のアクロバットと名曲の数々のアレンジに最もふさわしい場所と言えましょう。現代のパガニーニと称されるこのロックスター・バイオリニストの、ステージ上で自然にあふれ出る力と真の価値をお楽しみください。チャーミングで甘美な時が流れたかと思えば、次の瞬間には激しく息もつけないような、デイヴィッド・ギャレットのツア-「Alive」はまさにその名の通りのコンサートです。

「Alive」は、デイヴィッド・ギャレットの最近のアルバムのタイトルにもなっています。このアルバムは、映画、シリーズ、ゲームなどのクラシック曲やポピュラーソングにオマージュを捧げた、ギャレットの人生のサウンドトラックとも呼べるものです。収録されているのは、数世紀にわたる様々なスタイルの音楽。映画「アマデウス」のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの「Confutatis」や「英国王のスピー」のルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第7番からの「Allegretto」などは、クラシック出身のミュージシャンに皆が期待するものです。しかし、デイヴィッド・ギャレットの存在は、それを超越しています。彼のお気に入りのサウンドトラックには、「サタデー・ナイト・フィーバー」からビージーズの「ステイン・アライブ 」、「フルメタル・ジャケット」からローリング・ストーンズの「黒くぬれ!」、「怪盗グルーのミニオン危機一発」からファレル・ウィリアムスの「Happy」、そして不朽のディズニー映画「美女と野獣」から「Beauty And The Beast」などが収録されています。ギャレットのプログラムにはポピュラー・カルチャーが色濃く反映されており、そのアレンジは数々の有名なメロディーの新たな一面を見せてくれます。ヴォーカルと歌詞が取り除かれた曲からは、音楽の本質と魅力が伝わってきます。

ローマのカラカラ浴場で行われる「デイヴィッド・ギャレット ー Alive」は、雰囲気たっぷりの会場で、優れたエンターテインメントと世界的レベルの音楽性が味わえるイベント。古代遺跡をバックとするこの野外コンサートは、洗練された、そして同時に荒々しい現代のヴァイオリンの名手のエネルギーをお楽しみいただくのに絶好の機会です。




image Baths of Caracalla (Terme di Caracalla) / Photo by C.M. Falsini